生産過程 みつば

1.は種作業

は種作業は種機を使用して、ウレタンに種をまいていきます。適温に保たれた育苗室内で5日くらいかけて発芽させます。発芽から5日程度生育させた苗をパネルに定植します。

2.生育

生育ハウス内で35日〜45日かけて育成させます。生育期は、ハウス内の温度管理と培養液の管理に特に気を使います。

3.収穫・出荷

収穫出荷生長したみつばを収穫し、下葉をきれいに取り除き、水洗いしたみつばを自動包装機で袋入れし、1ケース10袋入りで市場に出荷します。


前のページへ戻る このページのトップへ