生産過程 春菊

1.は種作業

は種ハウスにて、充分に日光が当るように間隔を空けながら、は種を行います。10cm位に育ったら、定植を行います。この際、地温を上げ生育を良くするためにマルチに定植します。

2.生育

生育20cm位まで育つと芯カキを行い、新芽が脇より伸びてくるのでこれを収穫します。 生育の際には、ハウスの温度管理や換気に特に注意を払っています。

3.収穫・出荷

収穫出荷収穫後下葉をきれいに落として根本を切り、長さを揃えて階級別に選別し袋詰めします。出荷は11月から翌年4月頃までです。


前のページへ戻る このページのトップへ