国民年金加入の届出

更新日:2022年09月29日

 国民年金は、20歳になった・結婚して住所、氏名が変わった・会社を辞めた等、人生の節目ごとに届出が必要です。届出を忘れてしまった場合、せっかく受けられるはずの年金が少なくなってしまったり、場合によっては受けることが出来なくなってしまいます。
 ただし、基礎年金番号とマイナンバーが結びついているかたは氏名・住所変更の手続きを行う必要はありません。

20歳になった(新規取得)

自営業や学生の方等(厚生年金や各種共済組合の加入者は除きます)。
20歳になった方には日本年金機構から「国民年金加入のお知らせ」が発送されます。
別途送付される「基礎年金番号通知」は年金の変更手続きや、将来年金を受給する際に必要になります。ずっと使うものですので大切に保管してください。
20歳になって2週間程度経過しても「国民年金加入のお知らせ」が届かない方は、国民年金加入の手続きが必要になります。役場もしくは、お近くの年金事務所で手続きをしてください。
また、20歳到達時に学生であった方は「学生納付特例制度」を申請できます。
詳しくは下記「国民年金保険料の免除制度」リンク(町ホームページ)をご覧ください

会社を退職した(新規取得・再取得)

60歳になる前に退職された場合は、届出が必要です。

手続きに必要なもの

  • 窓口で届出を行う方の本人確認書類
    (マイナンバーカード、運転免許証、運転履歴証明書等)
  • 年金手帳または基礎年金番号通知書
  • 退職証明書等(会社から発行されます。)
    (注意)お持ちでない場合は、以下のページで書類をダウンロードして、会社で証明書の発行を受けてください。

第3号被保険者でなくなったとき

配偶者の扶養からはずれたとき、配偶者が退職したときなどの場合は、届出が必要です。

手続きに必要なもの

  • 窓口で届出を行う方の本人確認書類
    (マイナンバーカード、運転免許証、運転履歴証明書等)
  • 年金手帳または基礎年金番号通知書
  • 扶養から外れた日がわかるもの

この記事に関するお問い合わせ先

町民課 国保年金係
〒289-0692 千葉県香取郡東庄町笹川い4713-131
電話番号:0478-86-6071
ファックス番号:0478-86-4051